つむじハゲ シャンプー

育毛効果の高い食べ物でつむじはげを対策することができるのか?

 

つむじはげの原因として代表的なのは、頭皮の血行不良です。 頭皮内に張り巡らされた毛細血管への血流が悪くなってしまうと、髪の毛の成長に必要な栄養が送られなくなり、成長を止めてしまいます。 食べ物でつむじはげを対策するには、

  • 血行促進作用
  • の効果がある成分を摂取することが重要です。

頭皮の血流を改善させるカプサイシン

 

カプサイシンとは、唐辛子に含まれる辛味成分です。カプサイシンの辛味成分には、細い動脈を拡張させ、血液の循環を良くする働きがあります。 頭皮内へ送られる血液の循環も促進され、毛乳頭細胞や毛母細胞へ送られる酸素や栄養素が増え毛髪の成長を促します。 つむじはげの人の頭頂部は、皮膚温が低いと言われていますが、これは頭頂部の血行不良が原因だという見解がされています。 カプサイシンの上手な摂り方 カプサイシンを上手に摂取する方法は、メイン料理に唐辛子を振りかけて食べることです。 辛いものが苦手な方でも、少量であれば辛さを気にするほどでもないですし、大事なことは少量でも毎日続けることです。生活習慣病は、毎日の食生活の積み重ねによる大病ですが、その原理を薄毛改善に当てはめて考えるのです。 毎日少しずつ、髪の毛の成長に良いとされる唐辛子を摂っていくことでつむじはげを対策していきます。

イソフラボンとカプサイシンではげに育毛効果を!!

 

豆腐と唐辛子の相乗効果で育毛促進! 豆腐に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることが研究の結果から分かっています。
イソフラボンの構造は、女性ホルモンのそれと似ており、そのため体内で女性ホルモンと同じような作用をすると考えられていました。女性ホルモンが減少することで始まる更年期障害などにも効果があると言われています。引用元:血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論

漢方ではげが治るってホント?

 

漢方には、女性ホルモンを優位にたたせる効果のあるものがあります。つむじはげで悩んでいる人は女性ホルモンを優位にすることで、脱毛しにくい体質へ移行させていくことも可能です。 つむじはげに育毛効果のある漢方には以下のようなものがあります。 ★十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) 皮膚の赤みやかゆみを解消し、腫れや化膿をおさえる効能があります。また、十味敗毒湯に含まれるヤマザクラの皮のエキスには女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す効果があります。 ★婦宝当帰膠(ふほうとうきこう) 当帰(トウキク)という生薬で構成される婦宝当帰膠には女性ホルモンのバランスを整える効果があります。 ★当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 芍薬(しゃくやく)を多く含むこの漢方は育毛剤にも頻繁に配合されており、class="a1r"鎮静・鎮痛に使われます。